土地売却

損をしない土地売却方法

 

土地売却のホームフォーユーのサイトはこちら

土地売却のホームフォーユーで一括査定はこちら

 

土地売却の優良企業

土地売却のホームフォーユーのサイトはこちら

土地売却のホームフォーユーで一括査定はこちら

 

不動産一括査定体験談

「業者の対応が驚く程早かった」

今から数年前、私は所有していた不動産を処分したいと考えました。
持っていたとしても利用する事は無く、税金だけを払っていくのはやはり勿体ないと考えたからです。
最初は地元の不動産会社の方に相談してみたのですが、なかなか思った様な答えがでて来ませんでした。
もう少し高く買い取ってもらいたい、そう思った時にふと思いうかんだのが一括査定でした。
複数の会社に行って査定を申し込むのは面倒ですが。インターネットを利用する方法であれば簡単に入力してクリックするだけで済みます。
ネット上で全ての事を終える事が出来るので、夜間でも十分行えるというのは私にとって魅力的でした。

 

早速ネット上にあった利用者の多そうなサイトを見つけ、そこで一括査定を依頼してみる事にしました。
選んだ業者は確か4社だったと思います。
まずは名前を知っている所を選びました。
色々な会社が掲載されていましたが、やはり自分が名前を知っている所の方が私としては申込やすいかな、と思ったからです。

 

さて、こうして一括査定をしてみて驚いた事がありました。
それは業者の対応が驚く程早かったという事です。
確かに私が入力した内容と言うのは簡単に業者側に送る事が出来るようになっています。
郵便の様に時間がかかってしまうのではなく、もっとスピーディーに送る事が出来ます。
ただ、業者側から連絡が来るのがこんなに早いだなんて私は全く思っていませんでした。
だから、あんなにスピーディーに対応してもらう事が出来て驚いてしまった、と言うのが実は正直なところです。

 

しかし私としてはこのようにスピーディーに対応してもらう事が出来たのは本当にありがたい事でした。
私自身は出来るだけ早い段階で所有している不動産を売却してしまいたいと思っていたからです。
勿論適当に処分してしまうつもりは一切ありませんでした。
しかし、仕事をしながらの売却と言う事もあって、この為だけに時間を費やす事は出来ません。
だから、より手軽に、そして楽に処分したいと考えていたので、こうしてすぐに連絡をくれたのは本当に良かったと思っています。

 

とりあえず業者さんに見てもらう日を別々にすると私としても仕事を何回か休まなければいけなくなると思ったので、同じ日に全ての所と対応する事にしました。
そして様子を見てもらい、査定してもらった所、やはり各社によって差が出ていました。
以前地元の不動産屋さんに行った時に比べると、査定額はどこも高かったのは覚えています。
どうしてその様な金額になったのかと言う事は私には分かりませんが、利用者の側としてはやはり高く買い取ってくれるのは本当にありがたい事です。
私は早速最も高額査定としてくれた業者に連絡をし、そのまま売却の手続きを進めました。

 

不動産と言うのは簡単に処分する事が出来る訳ではなく、登録する為に諸手続きが必要となります。
その手続きに関しては時間がたくさんかかってしまう場合もあり、私も仕事の空き時間を利用したり、数日休みをもらって対処する事になりました。
インターネットを利用する方法というのはその時が初めてで、私は他のジャンルでも一括で依頼するという事は一度も利用したことが有りませんでした。
だから本当に大丈夫なのかな、安全かなと実は少し心配していた所もあったのですが。実際に一括査定を依頼してみた所、利用したサイトも非常に分かりやすく、さらに業者の対応も良かったです。
分からない事については色々と質問に答えてくれたし、私としては自分が所有していた不動産の売却の為に一括査定を利用したことは、ただ単に高額買取をしてもらう事が出来るようになったというだけでなく、スムーズに売却が出来たという点からも満足しています。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

 
 

不動産一括査定体験談

「無料でリスクのない一括査定」

祖父が残した土地があり、最初はそこにマイホームを建てようかと思っていましたが他に良い場所が見つかりそこにマイホームを建てる予定はなくなりました。
最初はどうにかできないかなと考え維持していましたが、維持費もかかるし管理を続けていくことも難しいなと思い、売却することを決意しました。
でも土地を売ったことは今まで一度もなかったので何から始めれば良いかもわからなかったし、どれくらいで売るのが適しているのかもわかりませんでした。

 

その時に利用したのが、インターネットの不動産の一括査定です。
無料で利用することができたので、リスクはないし一括査定ならその分手間もかからないなという気軽な気持ちから利用することにしました。
本当に簡単な内容を入力するだけでよかったし、面倒に感じることもなかったのでよかったです。
良いと感じた不動産業者を選び査定してもらうことにし、その後はメールや電話が来るのを待つだけだったので気軽だったし、査定を希望した業者以外からは連絡がくることもなかったので安心しました。
同じ土地だし、正直そんなに金額に違いは発生しないだろうなと思っていましたが、実際には業者によってかなりの金額の違いがあったので本当にびっくりしました。

 

金額が高いところにしようと思っていましたが、連絡をすぐくれる業者もあれば数日後で忘れた頃に連絡をして来る業者もあり、迅速な対応をしてもらえないと売却時に困ることになるんじゃないかなと思いました。
これも一括査定をしていなかったらわからなかったことだったし一括で査定を申し込んで正解だったなと思っています。
実際に現地に来て調査して見ないと、正確な金額はわからないということもあったので、四社に実際に現地に来て査定してもらうことに決めました。
同じ日で時間ずらして査定しに来てもらいましたが、どの業者のスタッフの方も丁寧な対応で時間もきちんと守って来てもらえたので、一括査定に登録している業者はどれも信頼できるんだろうなと思うことができてよかったです。

 

一括査定のサイトでは、どのようにすれば高額で売却することができるのかというポイントや、本当に売る場合の流れ、売却に必要となる費用も細かく掲載されていたので、事前にある程度把握しておくことができたのもありがたかったです。

 

最初は土地を購入するならお金が必要なのは当たり前だけど売るんだから必要となる費用が発生するということは全く考えていなくて、費用が必要となると知った時にはびっくりしました。
でも知らないままで後々びっくりすることにならなかったのでよかったです。
高額が動くことだし、後々他の業者にお願いした方が得だったということにはならないようにしたいということばかり考えていましたが、信頼できる業者に依頼しないと後々予期せぬトラブルに発展してしまうことがあるということも知ることができたし、利用して本当に良かったなと思っています。

 

今すぐに売却したいというほど、切羽詰まっているわけではなかったのでとりあえず査定してもらってゆっくり考えようかなと思っていましたが、高額で売るためにはタイミングも重要になってくるとの事だったので、この際良いきっかけだと思って売ることを決意しました。
最終的に一括査定をした中から二社に絞り込んでどちらか選ぶことにしていますが、どちらも金額には大差はないし決め手となるものが今の所ないのでまだ悩んでいます。
スタッフの対応も良いし、早く売却してくれそうな業者を選びたいと思っています。
一括査定を利用していなかったら、今頃近場という理由だけで業者を選んでいたんじゃないかなと思うし利用して本当に良かったです。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

 
 

不動産一括査定体験談

「友人に教えてもらったインターネットの土地売却一括査定」

不要になった土地を何とかしたいと思い、近場の不動産会社に売却の話に行きました。
査定もしてもらうことにしましたが、数日かかるというので出直しました。
連絡がきて、査定額を聞きに行くと思ってたよりも低い査定額にかなり落ち込みました。
もっと早くに手放してけば良かったと後悔することばかりでした。
自分も体力に自信がないので、早くに売却の話を進めたいという気持ちでした。
他の不動産会社にも回りましたが、同じような返事で精神的にも体力的にも疲れてしまったというのが本音でした。

 

この価格でしか売れないのかなと諦めかけていた頃、自分と同じように不動産を持つ友人と話す機会がありました。
最近、土地の売却の話が思うようにいかなくて困っていると話をするとインターネットの土地売却一括査定のことを教えてくれました。
インターネットでそんなことまでできるのかとビックリしましたが、家に戻りさっそく試してみることにしました。

 

自分の土地の相場を知りたいというのもありました。
相場を知っていれば、損をすることなく売却もできると思いました。
一件目に行った不動産会社の担当者は、対応も悪く聞く耳を持たないで一方的でした。
もっと良い担当者だったらと思うこともありました。
売るのは土地ですが、取引するのは人間同士なので真剣に考えてくれる不動産会社でないと嫌だという気持ちにもなりました。
高く売る為には、自分でも努力が必要なんだと思いました。

 

土地の一括査定は思っていたりも簡単で、正直ビックリしました。
手間と時間をかけて苦労して何社も不動産会社を回りましたが、インターネットならそういった手間が省けるのがすごいと思いました。
信頼できる不動産会社を選びたいというのもありました。
一括査定で、自分でじっくりと価格も比較検討できました。
担当者の顔色をうかがうこともなく、気を使ったり面倒なこともなく今の時代に合っている査定方法だと思いました。
もっと早くに知っていればと思ったくらいです。
相場額も知ることができたので、とても強みになりました。
情報を知っているというのは自分を優位にさせてくれるのでありがたいと思います。

 

一括査定の中から、信頼できる不動産会社を選びました。
査定額も500万円以上の差がありました。
自分が知っておかないと、500万円も損をしていたことになるのかと思うと怖くなりました。
担当者の方も、とても誠実で仕事のできる人で安心できました。
親身になってくれて、足の悪い私のことを気遣ってくれて自宅まで何度も訪問をしてくれました。
とても助かり、スムーズに話も進んでいき丁寧に対応してくれました。
細かい所までじっくりと耳も傾けてくれました。
そういう姿勢に、信頼できる不動産会社に任せられて良かったと改めて感じました。
私の質問にも明確に答えてくれるので、安心して売却することができると思いました。

 

ずっと悩んできたことが、インターネットの一括査定でビックリするくらい早く話が進んで一段落することができました。
書類なども揃えるのに面倒なことがないか不安でしたが、分かりやすい説明だったので自分でも負担なく準備することができました。
いくつか他にも不動産を保有しているので、信頼できる不動産会社でまたお願いしようと思っています。
担当者の人柄も良くて、こういう担当者がいる所は会社もしっかりと教育をしているんだと感じました。

 

取引後の、入金もスムーズだったので安心しました。
気持ちの整理もできて、どうしようかと思っていた事も無事に取引ができたのでホッとしています。
インターネットの一括査定を教えてくれた友人には感謝しています。
知らなかったら、納得できない価格で売って損をしていたと思います。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

 

土地の売却の前に知っておくこと

土地を売却する際、専門家として不動産業者を思い浮かべますね。
しかし、専門家だからと言って、土地売却を全て任せてしまってはいけません。
ご自身が土地の売り手であることを忘れてはいけませんよ。
もちろん、信頼できる担当者がいるから大丈夫!という信頼関係は絶対に必要なことだと思います。
しかし、多額の金額が動き、また担当者や不動産会社によって土地の売却金額にも大きく差が出るので、しっかりと見極める必要があります。

 

まず、土地の売却方法として、2つの方法があります。
ひとつは『仲介』もうひとつは『買い取り』です。

 

『仲介』というのは、売り手と買い手との間に仲介する不動産会社がおり、不動産会社に仲介手数料を別途払わなくてはいけません。
また、買い手が見つかるまで探す作業がありますし、すぐに買い手がつくとも限りません。

 

その点では、『買い取り』のほうが確実に早く売ることができます。
『買い取り』は不動産会社が買い取ってくれる方法です。
すぐに現金が入るので、待つ時間がほとんどありません。
また、仲介手数料もかかりません。

 

買い取った不動産会社は、当然この土地を転売することになります。
しかし、いつどのくらいの金額で売却できるか分からないものを買い取る訳ですから、土地の金額は非常に安くなってしまいます。

 

要約すると、時間がかかってもできるだけ高く土地を売りたい方は『仲介』が良いでしょう。
ただし、確実に土地が売れるという保障はありませんし、土地の価格を下げる提案をされることもあります。

 

時間がなく、多少安くてもすぐに売却してしまいたい方には『買い取り』が良いですね。
ただし、場合によっては、半額近くになってしまうこともあります。

 

また、土地を売却するときに覚えておかなくてはいけないのは、税金のことです。
土地を売却して得た利益に対して、一定の税率で所得税や住民税が課せらるのですが、正確には売却益から取得費+費用を引いた金額に対して税金がかかります。
さらに、長期譲渡所得と短期譲渡所得では、税率が違います。
売却する土地を所有していた期間が5年を超えている場合『長期譲渡所得』とし、5年以下であれば『短期譲渡所得』となります。

 

『長期譲渡所得』の方が、税率は安くなり、特別控除もあるので有利です。
ですから、5年を超えてから売った方が税金が安く済み、得ですね。
『短期譲渡所得』のほうが税率が高いのは、土地の転売で荒稼ぎをすることを防ぐためです。

 

様々なことを考慮し、土地の売る時期や方法を決めると良いですね。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

不動産売却の仲介手数料の相場はいくら?

不動産を売却するときの仲介手数料は上限が決められています。
相場とは別のことになります。
上限は売買代金の金額区分ごとに決められていますので、少し分かりにくい点がありますが、それほど難しいものではありません。

 

依頼者の一方から受け取れるのは、取引額が200万円以下の場合はその金額の5%以内、取引額が200万円を超えて400万円以下の場合はその金額の4%以内、取引額が400万円を超える場合はその金額の3%以内となっています。
そして、少し分かりにくいというのは、それぞれの範疇での計算を積み上げる方式になっているということです。

 

500万円の取引金額の場合であれば、いきなり500万円x0.03=15万円ではないのです。200万円x0.05=10万円、プラス200万円x0.04=8万円、プラス100万円x0.03=3万円で、合計21万円になるということです。
これに消費税が上乗せされた金額が仲介手数料の上限額ということになります。
ただ、速算方式ということもあって、400万円を超える物件であれば、取引価格x0.03+6万円ということでも大丈夫です。500万円の場合は、500万円x0.03+6万円=21万円というわけです。これに消費税が加わります。

 

この上限のことから、また不動産の場合は400万円を超えることが多いことから、「3%プラス6万円」というのがポピュラーなもので相場を形成しているというわけです。
その範囲内であれば問題がないわけですから、6万円を割り引くような感じで商いをする不動産会社もあります。

 

これに関係して覚えておくことは、一つには成功報酬ということです。
取引が成立しなければ支払う義務は発生しないということです。
次に、売買契約成立時には手数料全額でなく、半額くらいを支払うのが通例であるということです。
物件引き渡しで取引完了ということからのことと言えます。
そして、不動産会社は取引成立のために、広告を出したり、現地への案内をしたりということで様々な費用が発生しますが、これを依頼者に費用請求はできないことになっています。
仲介手数料に含まれているという位置付けで、特別なケーズ以外は必要とされているということです。

 

最後に会社や個人事業主の方が処理するときの勘定科目のことですが、不動産会社へ支払った仲介手数料は、支払手数料という費目で処理することになります。
購入した場合は、土地や建物の取得価格に含めて計上することになります。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

 

関連記事

土地売却にかかる仲介手数料の相場

不動産売却をした時の所得税について知りたい

不動産を売却したときには大きな金額が懐に入ってきます。
ただし、その金額が丸々自分のものになるわけではありません。
その中から税金を納めないといけません。
売却の際に税金には大きく3つのものがあります。
不動産譲渡所得税と印紙税、抵当権抹消登記の免許税です。

 

まずは印紙税について。
印紙税は売買契約書を作る際に添付しなければならないものです。
一般的な物件の場合は10万円以下で収めることが可能です。
売り主と買い主2つの売買契約書が必要なため2倍必要になってきますが、売り主に関しては原本を所有している必要はないので、コピーすることで印紙税を節税することが可能です。

 

次は、抵当権抹消登記の免許税です。
銀行などから融資を受けたときは担保としてその不動産が設定されてしまうことが多いです。
その設定を解除するために必要なものです。
自分で手続を行うことが出来ますが、とても複雑な作業が必要となるので、一般的には司法書士を利用したほうが時間の節約になります。

 

最後に不動産譲渡所得税です。
この所得税はその不動産を購入した時の金額より高値で売れた場合にのみ発生する税金となっています。
計算方法としては、売却した時の売値から購入した時の金額と売却した祭の諸経費、購入した時の諸経費を引きます。
この計算で出たものが譲渡所得税となるわけです。

 

諸経費というのは様々なものが適用されます。
例えば、購入に関していえば、不動産所得税・登録免許税・登記手数料・先ほど述べた印紙代・仲介手数料などがそれにあたります。
売却に関して言えば、売却するための広告費・仲介手数料・印紙代などがそれにあたります。
幅広いものが適用されますので、きちんと領収書などを残しておくことで節税になります。

 

また、不動産譲渡所得税に関しては特別控除と呼ばれるものがあります。
自分が住んでいた不動産に限定されますが、ある一定の条件を満たせば所有期間に関係なく最大3000万円の控除を受けることが出来ます。
さらに、その不動産の所有期間が10年を超えている場合は軽減税率の特例を受けることができます。
この両者はどちらかしか申請出来ないというわけではなく、併用が可能です。
また、場合によっては購入金額よりも売却金額の方が下がってしまうことがあります。
この場合も控除を利用することで節税になる可能性があることを覚えておきましょう。

 

このように、不動産売却には所得税をはじめさまざまな税金がかかってきます。
特に所得税に関しては大きく節税することが出来るので、きちんと申請をして損がないようにすることをおすすめします。
知っているのと知っていないのでは大きな違いがあるわけです。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

 

関連記事

土地売却における住民税とは

不動産売却時の固定資産税の精算について

不動産を所持してると課税される固定資産税は、1月1日時点での不動産の所有者に対して課税されるもので1年分をまとめて支払うことになります。
不動産の売買を行った時にはこの固定資産税は売主と買主とで日割り計算をし、売買契約が成立した日を境にして、税金を支払う割合を決定して負担するようになっています。
そして、この税金を支払う方法は特別な契約以外では、ほとんどの取引でこの税金の精算を行っています。
ただ、注意することはこの税金の精算には法的な義務がなく、不動産取引においての慣例や慣習となっているものです。
しかし、売主と買主のどちらかがこの税金の精算方法を拒んでしまった場合、不動産の取引自体が成立しなくなる可能性が出てきてしまいます。

 

不動産取引の売買契約書の中には、固定資産税などの費用の分担などに関しての会計処理の条項が必ずと言って良いほど記載されているので、買主が引き渡しの時にこれらの支払いを拒んでしまった場合、契約不履行となる可能性があります。
個人で不動産取引を行う場合は、これらの費用の分担について書面等でしっかり取り決めをして食い違いなどが起こらないようにする必要があります。
この税金の精算には2種類の計算方法があり、1つ目は1月1日を起算日として計算する方法と、2つ目は4月1日を起算日として計算する方法です。
この2種類の起算日についての法的な決まりなどはなく、1月1日を起算日として計算するのは関東の不動産会社が多くあり、4月1日は関西の不動産会社に多く見られます。
不動産の売買では、どちらかの起算日の計算方法で税金を精算し、一般的には売買契約成立時に買主が売主に負担分を支払い、売主が納税することが多くなっています。

 

また、不動産会社が双方から負担分を預かって納税をすることもあります。
売買契約が成立し引き渡し当日分の負担は、ほとんどの場合で買主側が負担することが多くなっています。
4月1日を起算日として設定した場合、引き渡し日が5月に入ってからで行う時は、買主側が1年分に税金の負担をしなければならなくなります。
起算日を1月1日にするか4月1日にするかは、不動産売買を依頼されている媒介業者によって決まってくることがほとんどで、買主などの都合によって変更することはほとんどありません。
不動産売却時の固定資産税の費用の負担は、法的な決まりはありませんが、売主と買主の双方が税金の負担を公平にするといったことで行われているものです。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

 

関連記事

土地売却における固定資産税とは

不動産売却をしたときの確定申告の書類の書き方

不動産を売却する経験は、人生で一度か二度あるかどうかという程度だと思いますが、そうした経験がないと売却に係る確定申告などが途端に難しく感じてしまいます。
そこで、不動産を売却した場合の確定申告のやり方や必要な書類などを、できるだけ簡単に紹介しましょう。

 

不動産の売却は、税法上、資産の譲渡に該当します。
その為、売却によって利益が生じた場合は譲渡所得を計算して申告しなければいけません。
その譲渡所得は、売却価格から不動産を取得した際に掛かった費用と売却する為に直接必要となった譲渡費用を差し引いて計算します。
この時、特別控除の特例に該当する場合は、譲渡所得からさらに特例ごとに定められた特別控除額を差し引く事ができます。
代表的な特例は、居住用財産の譲渡に係る3,000万円の特別控除であり、節税効果の高い特例として有名です。

 

次に譲渡所得に税率を掛けますが、税率は不動産を売却した年の1月1日時点の所有期間が5年以下なら39%(内住民税9%)、5年を超えていれば20%(内住民税5%)、軽減税率の特例を適用する場合は14%(内住民税4%)となります。

 

こうした計算を確定申告書に記載して申告をしますが、それに必要な書類は申告書の第一表と第二表、第三表、譲渡所得の内訳書です。
申告書の書き方は、まず第一表に譲渡所得以外の所得や扶養控除などの所得控除を、それぞれ該当する項目に記入します。
合わせて第二表に所得や所得控除の内訳も記入しておきましょう。

 

次に譲渡所得の内訳書に、不動産の所在地や面積、売却先、持分などの情報と、譲渡価格、取得費、譲渡費用のほか、該当する特別控除額を記入して譲渡所得を計算します。
そして第三表の収入金額の短期譲渡または長期譲渡の項目に譲渡価格を、同じく所得金額に短期譲渡または長期譲渡の項目に譲渡所得を、総合課税の合計額と所得控除の項目に第一表の総所得金額と所得控除をそれぞれ記入します。

 

そして、総合課税の税額と譲渡所得の税額を計算し、それを税金の計算の該当する項目に記入して、税額の合計額を計算します。
それを第一表の税額の項目に転記して、住宅ローン控除などの税額控除を差し引きます。
最後に税額に対応した復興特別所得税額と、それを加算した所得税額を記入します。
源泉徴収税額がある場合は、所得税額から差し引いて納付する税額または還付される税額を計算する事を忘れないで下さい。

 

なお、確定申告時には不動産の取得時と売却時の売買契約書の写しや、全部事項証明書(登記簿謄本)などの添付書類が必要となりますし、特例などを適用する場合も住民票やローン残高証明書など、特例に応じた書類が必要となります。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

 

関連記事

土地売却をしたら確定申告が必要なの?

不動産売却時の消費税について理解しておきたいこと

持っている不動産を売却する時には、消費税がかかる場合とかからない場合があります。
どのような場合なのか見ていきましょう。

 

一般的に土地の売却に対しては非課税となり、建物の売却に対しては個人の自宅の場合は非課税ですが、国内においての賃貸用や店舗用の建物の売却となると、事業者が事業として行うため課税の対象になります。
また、売り主が個人であっても、投資用賃貸物件であったりした場合は、課税対象となり、逆に、事業者であっても、その法人が免税事業者に該当する場合には、非課税となります。

 

課税事業者や個人でも課税対象となる物件の売却の場合、原則課税か簡易課税制度の計算方法により消費税を算出しますが、どちらの選択をするかによって課税額も大きく変わります。

 

原則課税の場合、預かった消費税から、支払った税を引いて計算します。
通常はすべての業者がこの計算方法で算出しています。
一方、簡易課税は、支払った税の計算を一切せず、課税売上に一定率のみなし仕入れ率をかけて計算したものをとします。
このみなし仕入率は事業の種類に応じて段階別に分かれていて掛け率がそれぞれ違い、法令により、事業者が自己において使用していた固定資産である不動産の売却は、第四種事業とされ、みなし仕入れ率は60パーセントとして仕入控除税額を計算することができます。
その結果、簡易課税制度により消費税額を計算した方が有利とな利ます。

 

ただし、簡易課税の事業区分の判定は、その事業者が行う課税資産の譲渡等ごとに行うことになっていて、業者が建築した不動産を購入しそのまま他の業者に売却した場合は第一種事業、消費者等に売却した場合は第二種事業となるなど、不動産売却でも内容によって区分に違いがあります。

 

不動産業者を仲介して不動産を売買する際に発生する「不動産仲介料」においても、不動産の売却価格の非課税価格を基準として算出された仲介手数料に、消費税が課税されます。この際、仲介手数料限度額に課税された額が上限額となります。

 

その他、不動産売却時に課税されるものとしては、銀行などの金融機関から融資を受けて購入し、まだローンが残っている不動産を売却しようとしている場合、融資を受けた金融機関に対しては、一括返済をしなければなりません。
この時に一括繰上げ返済手数料が発生し、この手数料に対して課税されます。また、ローンを利用している場合は、その不動産に抵当権がついているため、不動産を売却する際には、司法書士に依頼をして抵当権抹消の手続きを行うことになります。
司法書士に支払う報酬に対しても課税されることになります。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

 

関連記事

土地売却にかかる消費税について

 

不動産売却の仕訳はどうなる?

会社が保有する不動産を売却した時、売却した収入金額を経理処理の仕訳に変換する必要があります。

 

不動産に課税される固定資産税は、毎年1月1日の所有者に課税されるので、引渡し日を坂に日割りでの清算が一般的に行われます。
固定資産税の清算は取引慣行として行われていますが、税法のうえでは、1月1日の所有者が1年分支払う義務があるので、日割の清算金を受け取った場合は、支払った租税公課から減算するのではなく、売却代金の調整があったものとして処理します。

 

また、現在、食料品などの生活必需品に対して消費税を軽減する複数税率が議論されていますが、平成2年の導入以来、一定の取引は非課税とされています。
不動産に関連する取引の中では、土地の売買および賃貸借、住宅の賃貸借などが非課税と定められています。

 

土地と建物を一括して売却した場合、契約書の中にそれぞれの取引金額を明記している場合や、それぞれの金額が明記していなくても、売買価格のうち、消費税の金額が記載されていれば、8%で逆算することで建物の価格を計算することができます。

 

取引価格を土地と建物に分類したら、それぞれの帳簿価格と売却価額の差額を、固定資産譲渡益(または固定資産譲渡損)に計上します。

 

建物の売却額(帳簿価格と譲渡損益の合計)は消費税の課税対象に計算しますが、土地の売却額を非課税売上げに計算するのを漏らさないように注意します。

 

土地の取引価額を非課税売上げに計上した場合、一般的に土地の価値は大きいので、課税売上割合が低下することが考えられます。

 

課税売上割合とは、売上に対する課税売上の割合を計算したもので、95%以上あれば、仕入れに対する税額を全額控除することができますが、95%を下回った場合は、非課税売上げに対する消費税額は控除対象から除外する必要があります。

 

非課税売上げに対する税額を計算する方法には個別対応方式と一括比例配分方式があり、個別対応方式では仕入れの取引ごとに、課税売上に対応するものか、非課税売上げに体操するものかを区分し、区分できないものについては、売上の割合で按分計算します。

 

一括比例配分方式では、すべての仕入れ取引に対して、売上で按分計算して控除対象を計算します。

 

一方、この計算で控除することができなくなった仕入れ税額は、費用に処理することができるので、法人税にとっては節税要因になります。たとえば10万円の控除対象外税額が生じた場合、納めるべき消費税額は10万円増加しますが、一方で、所得金額が10万円減るので、法人税額はそれに対応して少なくなる効果があります。

 

土地売却一括査定はこちらをクリック

 

関連記事

土地売却の仕訳について