名古屋の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地売却にかかる仲介手数料の相場」

名古屋の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地売却にかかる仲介手数料の相場」

土地売却を行うときには不動産会社に仲介を依頼して買主を探してもらうことになります。
この仲介は無料で行ってもらえるわけではなく、業務を行って売買契約を成立させた対価として仲介手数料を支払うのが一般的です。
通常の不動産売買の場合には、売買価格の3%に6万円を加えるという簡易計算式で算出された金額が請求されます。
不動産会社はこれを買主、売主のそれぞれに費用として請求することによって仲介業務による利益を得ているのです。

 

この売買価格の3%と6万円という相場は法律に基づいて許可されている金額の上限です。
法律上では売買価格の200万円以下の金額には5%、200万円を超えて400万円以下の金額には4%、400万円を超える金額については3%と定められています。通常は400万円以上の取引になることから予め400万円以下の部分にかけられる余剰分を計算して6万円として、全体の3%と6万円という形で簡便に計算しています。
400万円以下の物件を売却するときにはこの簡易計算式を使用して得られる金額よりも上限が低くなるため、具体的に計算を行って費用を請求するという形になるのが一般的です。

 

法律で定められているのは上限額ですが、不動産会社は利益を上げなければ事業を行えないので上限一杯に請求するのが常でした。
現在でもそれが相場となっているものの、中には仲介手数料を引き下げることによって顧客を獲得することを目指している会社もあります。
2%として定めたり、売買価格に依存せずに定額に設定したり、仲介手数料無料としたりして売主に対するメリットを生み出すことで媒介契約を締結できるように工夫しているのです。
利益が減ってしまうのは確かですが、このような場合でも不動産会社は買主から仲介手数料を請求することによって利益を得ることができます。
また、営業活動にかかる費用を節約することによって仲介手数料を減らしても十分に利益を上げられるようにしている傾向もあるのが現状です。
表向きには仲介手数料は相場通りに請求している場合でも、事情に応じて交渉を行えば引き下げられる場合もあります。
決算期で不動産会社側が収入を欲している場合や、借金の返済のために売却をするときなどには交渉を行うと良いでしょう。
不動産売買をするときにかかる諸費用としては仲介手数料が最も高くなることが多いので少しでも安くする努力をすることは利益を増やすために肝心です。