福井の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地売却における固定資産税とは」

福井の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地売却における固定資産税とは」

土地売却を行ったときには不動産の所有者ではなくなることから固定資産税を払わなくて済むようになります。
しかし、その引き渡しを行ったときに精算をするのが習慣となっているので注意が必要です。
固定資産税は固定資産税評価額に基いて計算されるものであり、標準の税率は1.4%と定められています。
しかし、市町村などの事情によって税率を下げることも認められているものであり、土地に建てられている耐震工事を行ったり、エコ化やバリアフリー化などを行うためのリフォームを実施したりした場合には軽減税率を適用している自治体もあります。
また、住宅が建っている土地の場合には小規模住宅用地または一般住宅用地として認められる部分に関して税率の軽減が行われる仕組みになっています。
200平方メートル以下の部分が小規模住宅用地、200平方メートルを超えて建物の床面積の10倍までが一般住宅用地として認められ、税率がそれぞれ六分の一、三分の一になる軽減税率が適用可能です。
このようにして算出された固定資産税は一月一日の時点の所有者に対して課せられるものになるため、精算を行わなかった場合には実質的に売主が買主の分まで負担していることになります。
所有期間に合わせて均等に納めるのが適切だという考え方から、日割り計算で固定資産税の買主の負担すべき分を売主に対して払うという形がよく取られているのが現状です。
ただし、土地の売買を行うときに精算をするのは義務ではなく、税制に合わせて実質的に売主の負担になってしまっている部分を軽減するために行われている対処です。
そのため、売買契約をするときには予め固定資産税をどのように扱うかについて、売主と買主の間で十分に相談をしておくことが必要になります。

 

事業に用いている不動産や不動産投資に使っている不動産の場合には必要経費を考えることがよくあります。
固定資産税は租税公課として必要経費に計上することができる税金です。
節税の観点から場合によっては土地売却のときに固定資産税の精算を行わない方が良いということもあり得るので予め計算しておくのが肝心です。
高額の土地を持っている場合には数百万円になる場合もあり、その一部を使ってうまく節税することができる場合もあります。
固定資産税評価額通知書があれば簡単に税率から計算することができるので、売買契約をするときには精算の必要があるかどうかを考えることも大切です。