神戸の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地売却の際の必要書類は?」

神戸の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地売却の際の必要書類は?」

土地売却をするときにはただ土地を相手に譲ったと話をするだけでできるものではありません。
売買契約書を買主と売主の間で交わし、この土地がいつどのようにして引き渡すのかについての合意を得た上で取引が行われます。
不動産は国の財産でもあるため、国による管理が行われています。
そのため、売買契約書を取り交わすことに加えて重要書類の引き渡しも行わなければなりません。

 

土地売却の際の必要書類は多岐に渡ります。
登記済権利書または登記識別情報を次の所有者に提供しなければなりません。
これは登記されている名義人がその物件の所有者であることを示す書類であり、確かにこの取引が所有者が売主となって行われたものだと確認することができます。
そして、買主はこれを経て自分が正しい所有者だと示せるようになるのです。

 

土地測量図や境界確認書も通常は土地売却のときに求められる書類です。
これは土地の面積が正しいか、売却するのはどの部分か、隣の土地との境界線がどこにあるかといった情報の根拠になるものです。
特鬼問題になりがちなのが古い土地の売却を行う場合であり、既に以前に土地を測量したときの状況から変化が起こってしまっていて境界線が不明瞭になっていることがよくあります。
境界標が動いたりなくなったりしてしまっていることもあるため、場合によっては直前に土地測量を依頼して新しいものを手に入れておくことが必要です。
基本的には買主からそれを求められない限りは古いものであっても問題はありません。
なお、これらの書類は通常は土地を購入したときに引き渡されているので購入時に書類をまとめて保管してあれば見つけることは難しくないでしょう。

 

固定資産税納税通知書と固定資産税評価証明書も必要となる書類です。
これは登記を行うために必要になるものとして位置付けられていますが、実際には固定資産税の精算にも用いられます。
固定資産税は1月1日時点での所有者が納めるものと定められているので、売却の際には買主にも負担してもらうために精算を行うことがよくあります。
その精算額の根拠となる書類としても重要です。

 

この他にも建物がある場合にはそれに関連する書類が必要になります。
また、売買契約をする上での本人確認書類も揃えなければなりません。
公的な身分証明書、印鑑証明書、実印を揃えるのが一般的です。
もし登記上の住所と現住所が異なっている場合には住民票も用意する必要があります。