宮城の土地売却で損をしない方法とは?|コラム「土地売却をしたら確定申告が必要なの?」

宮城の土地売却で損をしない方法とは?

土地お役立ちコラム「土地売却をしたら確定申告が必要なの?」

達売却をした時には基本的には年度末になったら確定申告を行うことになります。
行う義務が発生するかどうかは譲渡所得があるかどうかに依存するので注意が必要です。
譲渡所得がある場合には確定申告をして譲渡所得税を納めなければなりません。

 

譲渡所得は不動産の売却を行ったことによって得た金額から取得費と譲渡費用を引いたものです。
取得費は実績法と概算法の二種類のうちで高い方を選ぶことができます。
実績法とは土地の購入時にかかった代金とその際にかかった諸費用を合計したものですが、その証拠となる書類が全て整っていなければ計算できません。
一方、概算法は土地売却により得られた金額の5%として概算するものです。
この課税所得から特例による特別控除を差し引いた金額が課税譲渡所得であり、課税譲渡所得がプラスになっている場合には譲渡所得税を納めなければなりません。

 

譲渡所得税の税額は不動産の所有期間によって変動します。
不動産の所有期間が5年以下の場合には短期譲渡所得とされ、所得税が30.63%、住民税が9%かかりますが、所有期間が5年を超えている場合には長期譲渡所得とされて所得税が15.315%、住民税が5%に軽減されるのです。
このため、土地売却のタイミングを見計らった方が得をする場合もあります。
四年しか持っていない土地であればもう一年持っているだけで売却のときにかかる譲渡所得税が大幅に少なくなるからです。
地価がこれから大きく変動するkとが予想されている状況でない限りは長期譲渡所得になるようにあえて売却を遅らせるのも良い考え方です。
ただし、その期間も固定資産税を払わなければならないことを考慮してどちらが利益を生むかを検討した上で売るタイミングを決めることが必要になります。

 

一方、譲渡所得がマイナスになっている場合には土地の売買によって損失が生じたと解釈されます。そのため、譲渡損失についての特例を適用するために確定申告をするとメリットが生まれる場合があります。
居住用不動産に買い換える場合には譲渡損失について損益通算及び繰越控除の特例を適用することが可能なケースがあります。
また、住宅ローンが10年以上残っていて所有期間が5年以上の居住用財産を一緒に売却したというときにも曽根気通算や繰越控除を申請することが可能です。
このような特例を適用できるケースでは確定申告を行った方が税負担を減らすことができるようになっています。