土地売却におすすめの不動産会社はどれ?

土地売却におすすめの不動産会社はどれ?

土地売却の成功の可否を分ける要素として大きいのが不動産会社の良し悪しです。
土地売却におすすめできる不動産会社はどれかと一つに限定することはできません。
その土地のある地域や立地、現況などによって得手不得手があります。
また、そのときの個々の会社が抱えている顧客の状況によっても影響を受けやすいので注意しなければなりません。
重要なのは失敗しない選び方をすることです。

 

不動産業者として仲介を行っている場合には大抵は不動産査定も行っています。
その査定を受けてみる過程で良し悪しを判断するのが賢明な方法の一つです。
査定を受けた結果として提示される査定額は複数社で受けてみると違う値になります。
これは個々の会社が独自の計算方法や査定方法を持っているからであり、およそ同じような値にはなっても完全に一致することはあまりありません。
非常に高い査定額を出す会社もあれば、かなり低い値を出す会社もあることもよくあります。
この裏側を知った上でどのように査定を活用したら良いかを理解することが肝心です。

 

基本的には土地を売却するときにいくら高く売りたいと思っても相場以上の価格で売ることは困難です。
土地を探している人も相場を調べているので、それよりも明らかに高い場合には目を向けないか、売買交渉をして相場までは下げようと考えます。
結果として相場付近での取引になってしまうのが一般的であり、早く売りたいと考えていると相場よりも低くしなければならなくなることも珍しくありません。
しかし、売り手の心理として高く売れると言ってくれる不動産会社があるなら、そこに仲介を依頼したいと考えてしまうのは確かです。
それを見越して査定額を高めに設定して呼び込もうとする会社もあります。
最終的に販売価格を設定するときに下げたり、そのまま販売してしまって売れなかったから下げるという方針を取ったりしているのです。
そのため、査定額が高いことはあまり魅力ではなく、平均的な値を出してくれていることが信頼の証と考えることができます。

 

しかし、実際に物件を見てもらって査定を受けるのは労力がかかります。
あまり多くの会社を比較するのは大変なので、最初に絞り込みを行うのが賢明です。
一括査定サービスを行っているサイトを利用するのが簡便な方法であり、書面上の情報を入力するだけで十数社から数十社という多くの会社に査定依頼をすることができます。
書面上から判断できる簡易査定の結果を多くの会社から受け取ることができるので、その平均的な値を出してくれている不動産業者の中からいくつかを選んで訪問査定を受けると効率的に絞り込みを行うことが可能です。
訪問査定の結果を受けて、やはり相場に合っている結果を出してくれた会社を選べば問題ありません。

 

査定を受けている過程で不動産会社の担当者とのやり取りをすることになりますが、それが最終的に土地売却の仲介を依頼する会社を選ぶ根拠につながる重要なところです。
土地売却の際にはできるだけ広く流通させて多くの人に目を向けてもらえるようにすることは大切ですが、現在ではポータルサイトを使って物件情報を集める人が多くなりました。
ある程度の知名度がある不動産業者では物件情報をポータルサイトに掲載しているので、あまりその点で業者間の差異はありません。
重要なのは営業力があることと売り主の立場からの販売を行ってくれることです。
興味を持ってくれた購入希望者に魅力を訴えかけて高くても買いたいと思ってくれるようにできる営業力があることは重要になります。
その営業活動は一括査定を利用した場合には売り手に対しても行われていたはずです。
仲介を任せたいと思わせるように適切なレベルでのアプローチを行ってくれた会社には必然的に好印象を持っています。
その会社を選んでおけば営業力に関しては心配ありません。

 

ただし、その際に気をつけておきたいのは連絡の速さであり、速やかな対応力があるかどうかは重視しておくことが肝心です。
連絡をしてもなかなかメールや電話が返ってこないような業者では売り主として心配になってしまうだけでなく、買い主としてももたもたしている間に他の人に買われてしまうのではないかという懸念を抱かせることになります。
迅速な対応力があることは一括査定から訪問査定に至るまでの手続きの中でよく理解できるはずです。

 

もう一つ重要なのが売り主の利益を考えてくれることであり、販売価格の適正さや売買交渉の成否に大きな影響を与えます。
査定額に基づいてふるいをかけてあるので価格設定についてはそれほど大きな懸念はありません。
しかし、不動産会社はあくまで買い主と売り主の両方を顧客にするものであり、どちらを優先するかは会社や担当者によって異なります。
売買契約を締結させたいという気持ちが先行することが多く、結果として価格を下げる方向に向かってしまうケースも少なくありません。
最低でもこの価格で売るという目標を立ててくれる不動産会社を選んでおけばその点でも心配がなくなります。

 

>>土地売却で損をしない方法とは?