土地売却する際に目安になるものってあるの?

土地売却する際に目安になるものってあるの?

土地売却する際に目安になる物の一つがその地域の相場です。
通常売却を希望する時は、まずは不動産会社や不動産鑑定士に相談し、自分の所有していて売却処分しようと思っている土地の査定をしてもらうことになります。
その時の結果を見て、納得できれば売却するし、納得できなければ売却を取りやめたとしても全く問題はありません。

 

その場合の査定価格や不動産価格と言うのは、査定をしてくれた業者の人が自分のインスピレーションで判断しているわけでは無く、しっかりと根拠に基づいて判断しています。
例えば、その土地がどの場所にあるのか、どういった使い道が可能か、さらにその土地自体の形や面している道路の幅、近隣の施設などによっても査定額は変わります。
不動産会社はただ単にその土地や売却希望となっている不動産を査定するだけでなく、仲介してその不動産を第三者に売却する業務も担っています。
なかなか売れないようなタイプの物を扱ってしまった場合、利益に直結せずに時には損失が発生してしまいかねません。
だからこそ、業者側としてもその価格をしっかりと見て、その評価を正しく行うのです。

 

とは言っても、いくらプロだったとしてもぱっと見て簡単に査定できるわけではなく、さらにコンピューターの様に全てのデータが頭の中に入っているわけでもありません。
その為、一般的に査定する時は、様々な過去データを参考にして判断する事になります。
例えばその一つが取引事例です。
売買使用としている土地と似たような土地の取引価格と比較する事によって、当該の土地を査定する方法です。
もちろん土地等全ての不動産は査定する時期によっても評価が変わる為、いつでも同じ査定価格となるわけではありません。
したがって、取引事例だけでなく、現在の市場の動向等も加味して価格の修正を行います。

 

ところが、実は土地に関する価格というのは土地査定額だけでなく、それ以外にも存在しています。
その一つが公示時価です。
これは国や都道府県が好評している価格で、一般的には地価と呼ばれています。
市場取引においても参考にされている価格で、公的な指標となっているので十分利用価値が高い数字です。
また固定資産財評価額とよばれる物もあります。
土地などの不動産を所有していると毎年春に固定資産税を払う事になっていますが、その固定資産税の算出基礎とする為に求められている土地の評価額の事を固定資産税評価額と言います。
路線価格等から簡単に知ることができる数字となっているのですが、あくまでも固定資産税を算出する時に利用する物なので、時価を表している物ではありません。

 

では、実際に土地を売却したい場合は、いったいどの数字を見れば良いのでしょうか。
しっかりとその価格を調べたい、算出したいという時はより細かく調べる必要がありますが、大体の価格を知ってその土地査定額が相場よりも高いかどうかという事を知りたい場合は、実勢価格を見るだけでも十分判断することができます。
つまり、市場ではどれくらいの価格で取引されているか、という相場を知る事です。

 

また、査定してもらう場合に注意したいポイントが有ります。
それが借地権の有無です。
借地権とは、第三者の土地を借りて、その土地に自分の所有している建物などを建てることができる権利の事です。
その為、その土地を利用する場合はその土地の賃借料として毎月地主に地代を払う事になっています。
ただ、借地権付きの土地を売買したい場合は、何もついていない土地に比べるとどうしても査定額が低くなってしまいがちです。

 

借地権付きの場合、上に建っている建物は借地人の所有物となっており、土地だけが地主の所有物という事になります。
つまり、せっかく魅力的な場所にある土地を購入したとしても、借地人がいるということは、その不動産を自由に使うことができないわけです。
勿論その土地の価値が高く、地代収入があれば収益物件ということで高く評価できる可能性もありますが、通常地代は低額となっているので、付近の土地の相場よりもどうしても安くなってしまいます。
その為、借地権月の土地を売却する場合は、地主によってその権利を買い取って、所有権を得る方法や、それぞれの権利を第三者に売却する方法などが取られています。
ただ、これらの方法を取る事ができずに権利を有する人が2人いる状態になっている場合は、残念ながら査定価格は安くなってしまいます。

 

この様に、土地と言っても様々な種類がある事、さらにその売却に関しても様々な要因が関係してくる為、土地を含めて不動産自体は非常に個性が強く、どれも同じ査定価格となるわけではありません。
したがって、まずは相場とどれ位違うかを比べる事、さらに不動産会社によっても査定額が違っている為、複数の業者に査定してもらい、どれ位の価格での取引となり得るかを知るところから始めます。
また相場と査定価格の違いを正しく判断する為にも、その土地の特徴を良く理解しておく事も必要です。

 

>>土地売却で損をしない方法とは?