土地売却の流れや手順は?

土地売却の流れや手順は?

土地売却を検討している場合は、まずは、売ろうとしている土地の最寄りや、そのエリアを取り扱っている不動産会社へ、査定依頼を行う事から始まります。
査定とは、不動産会社の担当者が、専門的な見地からその土地についても価格、いわば評価とも言える査定価格を算出する事で、これは土地の形状や道路の接道状況、エリア、周辺環境、交通アクセス等で変動し、ベースとなるのは、今までの近辺での売却された事例、路線価等です。
そして、査定で算出してもらった価格を参考に、売買価格を決定します。
これは、売る側に決定権があります。
査定については、もちろん1社だけでなく、複数の会社に依頼しても大丈夫ですが、売買価格を決定して販売を開始する際には、会社との間で媒介契約を取り交わす事となっていますので、一般媒介契約であれば、複数の会社に販売活動が依頼でき、1社だけに頑張ってもらうのであれば、専任媒介契約若しくは専属専任媒介契約となります。
それは売る側が決めれる事ですので、販売活動をしてもらう上で、急ぎの場合は一般媒介、じっくり厳選して購入希望者を見つけてほしいのであれば、専属専任若しくは専任媒介がおすすめです。
そして、媒介契約が終わったら、いよいよ販売活動が開始となります。
会社によって販売活動形態は異なり、物件登録サイトを複数登録している会社であれば、ネット掲載等もやってくれますし、折込チラシや看板等もお願いすればやってくれたりもします。
購入希望者が見つかり、申込みが入ったら、契約になります。
売買契約する時点では、会社に対して報酬、いわゆる仲介手数料を全額支払うという事はあまりありませんが、一部を先に支払うという事は稀にあります。
それは依頼する会社によって異なります。
この仲介手数料の価格は、宅建業法で定めがあり、その方法により算出されています。
最終的に売却する価格によって割合も変わってきます。
また、会社によっては正規金額より割安でやってくれるところもありますが基本的には正規金額であり、それ以上請求されるという事もありません。
契約時は買う側と売る側の都合の申し送りをしてお互い日取りが合う日になります。
契約は銀行融資などを伴わない為、基本的に土日祝日でも可能です。

但し、物件を最終的に受け渡す時は銀行にて買う側がローンを組む場合もありますし、現金購入だとしても高額である為、銀行にて取引が行われます。
その為に平日の午後3時までとなります。
契約の時には買う側から購入代金の一部が支払われます。
だいたい購入金額の1割程度が目安です。
このお金は手付金と呼ばれるもので解約や解除等が起きた場合に返還しなければいけない場合もある為、使わずに受け渡す時までは保管しておきましょう。
契約当日は印鑑と契約書に貼る印紙代、身分証明書、権利書が必要です。
権利書は一旦確認の為のもので、受け渡す時には必ず必要な書類となります。
そして買う側と売る側がそれぞれ準備ができたら受け渡しを行います。
受け渡す時は、権利書はもちろんですが、会社に支払う仲介手数料と登記費用、司法書士に支払う費用等が必要ですが、会社が間に入り見積り等を取ってくれますので個人で動く必要はありません。
個人で動くのが必要となるのは、物件自体に債務等がある場合には抵当権などの抹消手続きを行わなければいけません。
色々難しい事も出てきますが、基本的に不動産会社に依頼して売却が決まり契約等を行う場合は、ほとんどの手続きや方法を会社側が教えてくれたり段取りをしてくれますので、わからない事は売却依頼時に全て確認しておきましょう。
流れとしては以上ですが、販売を依頼するにあたり、あると会社側が早めに販売活動を始めれるものは、土地に関する書類、例えば謄本や公図、測量図といったもの。また抵当権などの権利設定があれば残債額等も把握しておき、伝えましょう。
また基礎的な事ではありますが、物件の名義人、いわゆる所有者が複数いる場合、これは共有物となる為、共有者全てが売却に賛成している事、媒介契約も全ての人が署名と捺印をする必要があります。
相続をして登記上は名義人が変更されていないなどの場合も、相続対象者全ての人の同意が必要です。
1人でも同意できない場合には売却はできません。
あと、最も大事な事としては告知事項です。

知っていながら故意に隠蔽等する事は禁じられており、のちにトラブルとなりますので、万が一、売却する物件にて告知事項があれば売却依頼をする際に必ず伝えておきましょう。
告知事項とは、例えば売却する土地で火事があった、以前は汚水や臭気が出る工場が立っていたというような事も含まれます。
つまり売却する土地で、精神的な瑕疵などに繋がるような内容は告知しなければならないのです。
知らなかった事についてはこの限りではありません。
あとは不動産会社にほぼお任せしておく形となり、忙しいのは契約が決まってから受け渡す時までの間です。
サポートもしっかりしてもらえますので、色々聞きながら進めていきましょう。

 

>>土地売却で損をしない方法とは?