土地売却で損をしない方法とは?賢く売る方法をお伝えします

土地売却の際に住民票を移すタイミングは?

土地売却においては、住民表を移すタイミングに注意が必要です。
売却前に住民票を移してしまうと、売却で余計な手間が発生し、費用負担も生じます。
そうならないためには、土地売却においての不動産売買登記の意味と手続きを知っておく必要があります。
本来、不動産においては、所有権の登記は必ずしも必要ではありません。
所有権の登記がなくても、所有を主張することはできます。
しかし、登記が無ければ第三者に抵抗することができず、所有権は不安定になります。
土地を売却する場合も所有権の登記が必要です。
たとえ自分の所有している土地であっても、所有権の登記がされてなければ、その物件を所有していることを相手に証明できません。

不動産売買登記においては、不動産登記の実態と、売買において必要となる書類について知る必要があります。
それを知ることにより、住民表を移して良い時期も自明となります。
不動産売買登記一連の手続きによってなされます。
実際の土地の売却では、土地の引渡し、登記、代金の支払いが同時に行われます。
それぞれの時期がバラバラだと、トラブルが生じやすくなるので、全てを同時に行うわけです。
その中でも登記は、その土地の所有権を確認するために重要な意味を持ちます。
不動産登記法改正以前は、土地の権利証を所有していることをもって、所有を証明できました。
その後の不動産登記法改正により、登記が電子化されるようになりました。
新たな不動産登記法では、土地の所有を示す手段として登記識別情報が使われます。
所有者本人が登記識別情報の書類を保持していることをもって、所有者として認知することができます。

不動産登記の実態とは別に、土地の売却では一定の書類が必要となります。
土地売却で必要となる書類のなかで権利に関するものとしては、身分証明書・実印・印鑑証明書・住民票・登記済権利書または登記識別情報・固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書があります。
それ以外にも土地の形状や面積に関する書類が必要となりますが、権利関係を示すものではありません。
登記済権利証は俗に権利証と呼ばれるもので、不動産登記法改正以前に規定されていたものですが、登記済権利証は現在でも通用します。

実際の土地の売買では、土地の所有者は登記簿により知ることができます。
登記簿の内容を閲覧するには、登記事項証明書の交付を受ける必要があります。
登記事項証明書には登記名義人が記載され、その名義人が登記簿に記載される権利を有することになります。
さらに登記事項証明書には、名義人の住所も記載されています。
不動産売買においては、登記事項証明書に記載された名義人と住所が、実印の印鑑証明にも記載されている必要があります。
すなわち、土地売却がなされる前に住民票を移した場合は、実印の印鑑証明には新たな住所が記載されるので、登記事項証明書の名義人のものとは異なることになります。
その場合は取引で有効な書類とはならず、別な手続きが必要となります。

土地売却がなされる前に住民票を移した場合でも、一定の手続きにより必要なものを揃えることができます。
登記事項証明書の名義人の住所と実印の印鑑証明のそれが異なる場合は、土地を引き渡す際に住所変更登記の申請をする必要があります。
司法書士等に依頼する必要があるので、費用と時間が余分にかかることになります。
このことを防ぐためには、住民票を移すタイミングをずらすことや、印鑑証明書を事前に得ておくなどの方法が必要です。

住民票はいつでも移すことができるわけではなく、実際に引っ越してから15日以内に移さなければならない決まりがあります。
あまりにも移すのが遅れた場合は、罰金などの罰則を受ける必要があります。
このことから住民票を移す最善のタイミングは、土地売却後、15日以内ということになります。
しかし、土地売却と新たな住居への引越しが必ずしも一致しているわけではないので、それ以外の時期に住民票を移さなければならない事態も生じます。
その場合は土地売却を円滑に進めるために、住所変更登記の申請を行う必要が生じます。

土地売却は土地の所有者が誰かということと、売却の当事者が所有者本人であることを確かめながら進められます。
それらのことを確かめるためには、多くの手続きが必要です。
住民票を移すタイミングも、そのことと無関係ではありません。
特に、不動産売買登記において、手続きは厳格です。
一つでも不備があれば、取引は成立しません。
登記識別情報は所有者本人しか知りえない情報なので、本人を特定する確定的な手段です。
もし、登記識別情報を不用意に扱えば、大きな不利益を被ることになります。
登記識別情報の取り扱いは慎重に行う必要があります。
登記名義人が本人であることの確認は身分証明書によってなされます。
普段の生活では使うことの少ない実印と印鑑証明の重要性は、土地売却において確認できます。

«
»