土地売却で損をしない方法とは?賢く売る方法をお伝えします

土地売却時にかかる税金の対策方法は?

土地を売却して利益を得た場合には譲渡所得税と言う税金がかかります。
これはその物件を取得した際の金額に対して売却した金額が大きい場合にその利益に対して課税されるものですが、一般の所得税と異なりその税率が比較的高いため、できるだけその税額を低く抑えたいと考える人が少なくありません。
しかし実際には不動産は非常に重要な財産として取り扱われているため、その取得の際にも取得税が課税されるほか、譲渡に関しても詳細にその金額が計算され課税されることになっています。

土地を売却する際には、その売却の方法や売却の時期によってその税率が大きく変わるため、その内容を熟知して効果的に売却することが必要になります。
例えば、土地の売却にかかる税率はそのどっちを何年所有していたかによっても大きく変わるものです。
法律上では5年を境に短期譲渡所得と長期譲渡所得に分かれ、短期譲渡所得の場合には40%弱の税率になるのに対し長期譲渡所得においては20%程度の税率になるので、売却時期によって大きく税率が異なることになります。
そのため、より効果的に売却するためには所有期間に対する税率を意識した上で売却することが大切です。

また、不動産を売却する際には権利の届け出も必要になりますが、この届け出の方式によってもかかる費用が変わる事はあまり知られていません。
一般的に文書による届出の場合に比べ電子的な届出の方が印紙税が低く設定されており、電子届け出を行うことで印紙代を節約できることになるのです。
物件の金額が大きいほど印紙税も高額になることから、この仕組みを理解しておくと比較的大きな額を節約できることになるので、効果的に利用したいものです。

譲渡所得税は不動産を売却した際の利益をもとに計算されるものです。
そのため購入した際の額と売却した際の額の差について課税されるものになりますが、購入した際の額については一般的には物件を購入した費用を計上することが多いものです。
しかし厳密にはこの物件を購入する際の様々な取得費が発生しているため、この取得費について詳細に証明する書類が存在している場合には物件の購入価格に含めることが可能になります。

取得費用には不動産会社の仲介手数料や印紙税等も含まれるので、これらの領収書をしっかりと保管しておくことで、物件の購入価格に上乗せをすることができ、売却価格との差額を減らすことになり課税対象となる金額を小さくすることができます。

同様に譲渡費用についても物件を売却した際の収入だけではなく、不動産会社に支払った手数料やその他の発生した費用をしっかりと計上しておくことで、物件の売却益から差し引くことができるため課税対象となる金額を小さくすることができます。
そのため、すべての費用についてこれを証明する書類をしっかりと保管しておくことが重要です。

また、土地や住宅を売却した際に利益が出ない場合には譲渡所得税は発生しないことになりますが、この場合であっても様々な条件により税金を節約できるケースがあります。
これは不動産に関する特別控除と言われるもので、住宅などを売却して住み替えた場合、新たな住宅にローンが存在していたり、あるいは売却した住宅にローンが残っている場合については特例として売却した際の損失に対応する額を上限として所得税や住民税から控除されることがあるのです。
特に売却した住宅にローンが残っており、新たに住み替えなどを行っていない場合についてはその他の売却した資産に対する譲渡税から控除される場合もあるため、この点についてしっかりと届け出を行っておくことが重要です。

土地や住宅を売却した場合、利益が伴っている場合には必ず確定申告を行わなければなりませんが、利益が伴っていない場合には必ずしも確定申告を行う必要はありません。
しかし確定申告を行うことで実際に所有している財産に関する見直しが行われ、給与等にかかる所得税が減免される可能性もあるので十分な注意が必要です。
特に居住していた住宅を売却した場合には譲渡証明書を提出することが義務付けられており、その譲渡証明書によって財産の所有額について厳密に評価されることになるため確定申告は行わなくて良いと考えている人も多いものですが、実際には譲渡証明書は居住用資産に対してのみの届け出であるため、所得税の減免には大きく影響しないことも多いものです。
確定申告を行うことで土地や建物の資産だけでなく総合的な資産について評価されることになり、これに対してしっかりと計算された税額が算出され場合によっては大幅な控除が行われることもあるので行っておくことが必要です。

土地や建物は非常に重要な資産であり、これに係る税金も非常に大きな額であるため十分に精査することが大切です。
特に売却を行った際には様々な費用が発生するため、これらをしっかりと確認しておくことで課税額を大幅に減らすことができる可能性もあるため十分に注意をすることが必要です。

«
»