土地売却で損をしない方法とは?賢く売る方法をお伝えします

土地売却で成功させるためのポイントは?

土地売却を考えるときには、取引をスムーズに終わらせ、利益が出れば成功と言って良いでしょう。
それを実現させるためには、準備の段階からいろいろとやっておくべきことがあります。

安心して取引ができるか、という点では不動産会社選びが、最初のポイントとなります。
例えば全国的に名の知られている大手の不動産業者がいれば、地域密着型の不動産業者もいます。
どういうタイプが良いのかということは、ケースバイケースですから、土地売却をするときによく考えなければいけません。

どういうところに目をつけるべきかというと、まずは土地に対してどのくらいの査定額をつけるのかということです。
利益を出したいのであれば、より高い査定価格を提示してくれる方が良いのですが、高いからと言って安心はできません。
というのもあくまでも査定価格は、この価格で売るつもりだという価格であり、相場よりも高すぎて買い手がいなければ大幅な値引きを迫られるかもしれないからです。
仲介契約を取りたいがために、実現不可能な数字を出すような不動産会社を信頼することなど出来ないのです。

そのためにも、査定をしたあときに、なぜその査定額になったのかという根拠を答えられるか確認します。
周囲の環境や地価、建物の状態など細かい部分に言及して、プラスではなくマイナスになる部分もしっかりと根拠として出しているようであれば、信頼できると考えて良いでしょう。

その不動産会社で、これまでにどのような物件を取り扱っていたのかということも確認できるのであれば確認しておきましょう。
これまで同じような家の取引に関わっているのであれば、買い手を見つけるノウハウが蓄積されているということなので、より早く取引を終える事ができます。

そして、最も大事なのは、担当者がどういう人物になるのかということです。
実際に仲介契約をした後には、売りに出した後どのような状況なのかは、担当者を通じて知ることになります。
そのためには、嫌な情報でも正確に伝えてくれることが必要ですし、良い結果を得ることが出来ない時に、どうすればよいのか相談しなければいけません。
それが出来なければ、いつまでも売ることなど出来ないのです。

そこで専門用語ばかりではなく素人にわかりやすく話を噛み砕いて説明してくれる、強引に話をまとめようとしない、といったことを自分自身で確認してみましょう。
ただ、質問をして答えてくれるから良いというものではなく、調べてでも正確な答えを出してくれる人物のほうが信頼できます。
上辺だけの人の良さには誤魔化されないように注意しなければいけません。

出来れば、査定は一社だけでなく複数の会社に一括で依頼しておきましょう。
そうすることで、査定額や仲介手数料などの適正価格が見えてきます。

不動産会社を絞り込んだら、契約の方法もよく考えなければいけません。
売買を仲介してくれる不動産会社と結ぶ媒介契約は3種類あります。
専属専任媒介契約は一社だけにすべてを任せて、売主も探すことはしないという契約です。
その分、宣伝などを熱心にやってくれるし、報告も頻繁に行うので良い結果が出やすい契約です。
ただし、宣伝の仕方などが下手だと、その結果が著しく悪くなってしまうので、信頼できるところでなければリスクがあります。

同じように1社だけと契約するけれども、売主も買い手を探すことが出来るのが専任媒介契約です。
これは売主が探す事ができる分、リスクを軽減することができるわけですが、自分で見つけてしまうと仲介を頼んだ意味がなかったということにもなってしまいます。

複数の不動産会社に任せる事ができるのが一般媒介契約です。
より多くの広告を出す機会が生じるので、買い手が見つかりやすいというメリットがあります。
ただし、他社が買い手を見つけてしまうと、宣伝費が無駄になってしまうので、積極的になりにくいという一面もあります。

どれがよいのかは信頼できる担当者画を見つけることが出来たのか、早急に家を売らなければいけないのか、といったことにかかっています。
もしも、その条件をみたすことができているならば、専属専任・専任媒介契約を選部のも良いでしょう。

そうして売りに出した時、すぐに買い手が見つかればよいのですが、そうとは限らないのが現実です。
買い手が味付かなければ、家の維持費用などもっかってしまいますから、売値を下げる判断も必要になってきます。
いずれ買い手が見つかるという姿勢ではなく、設定した期限内に買い手を見つからなければ、価格を下げるということをあらかじめ考えておくべきです。

もちろん、それ以外の努力もするべきで、売買契約につなげるためにも内覧を受け入れて、物件の良さをアピールしていきましょう。
土地の価値に影響はなくても、やはり清潔な物件かどうかということは、購入意欲に関わってくるので掃除や修繕など目に見える部分は綺麗にしておくべきです。

購入希望者が買わなかったときには、その理由を聞くことで改善することで次に繋げる事もできるので、話しやすい状況をつくりましょう。

これらのポイントをおさえることで、成功は近づいていきます。

«
»